ブラックオパール


ブラックオパール(Black Opal)

【豊富なバリエーション】
名前は「ブラックオパール」ですが、黒色に輝くわけではなく原石が黒色や暗色であることからそう呼ばれるようになりました。オレンジ色や黄色など鮮やかに発色するものもあるブラックオパールは、バリエーションが豊富な天然石と言うことができます。一般的なブラックオパールは黒色の地色に青や緑の発色が見られ、色合いや発色により希少性が高いものが多くなります。パワーストーンとしてぜひ身につけたい一品です。通販サイトなどでもチェックしてみましょう。


【高い希少性】
高級感や重厚感のある天然石のブラックオパール。その幻想的で神秘的な輝きは、多くの人を魅了します。ブラックオパールは希少性が高いものが多く、遊色効果がレアになるほど希少性が高まります。遊色効果とともに、唯一無二とも言える色彩パターンが人気の理由となっています。ブラックオパールの天然石はクリアな色彩のものを選ぶことで、パワーストーンとしての効果もさらに期待ができます。組み合わせやすい色合いであることから、通販でも人気の石です。


【宝石言葉は「自信」】
ブラックオパールの宝石言葉は「自信、威嚇、興味」。これはブラックオパールの持つポジティブで強いカリスマ性からきています。黒色は他のどの色にも染まらないことから、安定した自分らしさを保つことができるとされています。魅力を高めたい人にはお勧めで、アンチエイジングなどの効果も期待できます。パワーストーンはブレスレットで身につける人が多いようですが、ブラックオパールはその色合いから男性にも高い人気があります。


【深い色合いが魅力】
通販でも人気の高いブラックオパールはプレシャスオパールの一種です。その中でも虹色の輝きのあるものは、持ち主のエネルギーを調和すると信じられてきました。地色が黒いこともあり、七色の輝きが一層引き立ち美しさが際立ちます。特に赤やオレンジなど暖色系の色合いの多く入ったものは貴重な存在です。ブラックオパールの深い色合いは最大の魅力でもあり、ジュエリーやパワーストーンとしても用いられることが多くなっています。


【ブラックオパールの産地】
主な産地:オーストラリア、エチオピア、メキシコ

【12星座誕生石】
10月

【誕生日石】
7月29日

【代表的な原産地はオーストラリア】

ブラックオパールは、天然石の中ではネット通販などで取り扱うバリエーションの豊富な天然石と言えます。原産地が限られているため、流通量も年々減少傾向にあります。代表的な原産地はオーストラリア、メキシコ、エチオピアとなっています。市場に流通しているブラックオパールの大半を、オーストラリア北部にあるライトニングリッジで産出しています。お気に入りのパワーストーンに巡り合うために、通販サイトを活用しましょう。


浄化・お手入れについて

ブラックオパールは乾燥に弱い為太陽光や塩での浄化はお控えください。

クラスター セージ 月光 太陽光
×


22商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
22商品 1-22表示
  • <
  • 1
  • >
22商品 1-22表示
  • < Prev
  • Next >

カテゴリーから探す

パワーストーンの種類で探す

モバイルショップ


  • 【ヤフオク!!】チタンズストーン

カテゴリーから探す

パワーストーンの種類で探す